白猫テニス攻略速報|白テニ攻略・まとめ速報

2,082PV

CpQ9p4VUsAASNE7

前衛後衛というポジション

白猫テニスにはメインになるタワーやツアーで行うシングルス戦以外に、チームタウンで行われるダブルス戦があります。

ダブルスは、コートの広さや2人でやるということもありシングルスとは少し勝手が違います。
そのため、本記事ではダブルスで試合に勝つ為に、シングルスとの違いやダブルスのコツなどを紹介していきます。

今回はダブルスのポジション取りについて

目次

ポジションとは?

通常テニスのダブルスでは「前衛」「後衛」というポジションを二人が担当し試合をします。

前衛は、ネットの近くに張り付き「ここぞ!」という時にボレーなどで点を決める役割。
後衛は、後ろでラリーを続けてチャンスを作ったりなど試合運びをする役割。

分かりやすくいうのなら、前衛が攻め、後衛が守りといった感じです。

ダブルスにおいてはこのポジションがとても重要になります。

074bbdea206f8bc458a4e435995acd88

 


▲目次に戻る

ポジションの決め方

ポジションの決め方は自由です。
「どちらが前衛を担当しなければいけない」というようなルールはありません。

なのであらかじめチームチャットなどで、サーブを打つ方が後衛を担当する、レシーブを受けた方が前衛を担当する、はたまたどんな状況でも基本的に最初に決めたポジションを担当するなどを決めておくと試合運びがスムーズになります。

しかし、隣にいる友達と一緒にプレイしている時は問題ないですが大抵はネットの向こう側のチームメイトとダブルスを組むことになると思います。

なので最初にレシーブした方が後衛になると決めたけど、相手のサーブでレシーブした味方が体勢を崩してしまったなど不測の事態が起きた時は、すぐに前衛のポジションに行かずに味方が落ち着くまでは後衛になって相手の攻撃をしのいだりと臨機応変に対応しましょう。

 

 


▲目次に戻る

ダブル前衛、ダブル後衛

ルールでポジションが決められないということは、両方前衛に出たり、はたまた両方後衛に出てもいいという事です。

両方前に出て前衛のポジションにつくことをダブル前衛、
両方後ろに下がり後衛のポジションにつくことをダブル後衛といったりします。

ダブル前衛のメリットとしては、二人とも攻めになるので「ここぞ」という時に奇襲的に使えば得点率がとても高いということです。
反対にデメリットは、守りが居なくなるのでダブル前衛にポジションチェンジした後すぐ点を取らないとボレーで頭を越され逆に点を取られてしまうことです。

ダブル前衛は後衛の人が前に出るタイミングと思い切りの良さが重要なので、「ここ!」と思ったら迷わず、素早く前に出ましょう!
後衛が素早く前に出れるスピードタイプだった時や、相手がミスショットで浮いたボールをスマッシュする時に相手がボールを拾う為二人とも後ろに下がった時などがチャンスです。

ダブル後衛のメリットは、なんといっても点を取られづらいということ。
反対にデメリットこちらが点を取る決め手に欠けたり、真ん中付近に来たボールをどちらが取るか迷ってしまったりすることです。

両方スタミナタイプで相手のスタミナをじわじわ削りたい時や、ミスショットでボールを浮かせてしまった時に一時的になんて時におすすめです。

手前がダブル前衛。奥がダブル後衛のポジションです。

手前がダブル前衛。奥がダブル後衛のポジションです。

 


▲目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はダブルスのポジションについてご紹介しました。

試合の状況によって巧みにポジションを入れ替えたりしてダブルス巧者になりましょう!


▲目次に戻る

【事前登録】ヴァイタルギア
美少女×3D車体リアルタイムGVG!
人気web漫画『ヴァイタルギア』がスマホゲーム化!!
最大20対20で行われるリアルタイムのギルド戦や、3Dギアによる迫力満点のバトルは必見!
事前登録で総額100万円相当のプレゼントが当たるキャンペーンも実施中!
まずは公式サイトをチェックしよう!

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ